有名人に学べる?ダサくてもダサく見えないファッション

ダサさもかっこよさのうち

一般人の私たちからすると、ファッションはなるべくかっこつけなきゃ、と思ってしまいがちです。名のあるブランドのものを買ったり、他人が着ているものと同じものを買ったり、店員にすすめられるものをそのまま上から下まで買って、コーディネートに気を遣ったりしますよね。でも、それがはたしてかっこよいかというとそうとも限りません。有名人などで、どうってことない服を着ているのにかっこいい…という人がいますよね。どうせならそちらを目指しましょう。


シンプルな服を選ぶのがコツ

中途半端におしゃれを目指すと、どうしても凝ったデザインや凝った色のものを集めてしまいがちです。しかし、凝ったデザインのものは流行もありますし、「一回着たら印象的すぎて記憶に残ってしまう」というのもネックです。いくらおしゃれなデザインでも「またあの服着てる…」と思われてしまい、おしゃれ度は半減です。おしゃれな有名人を見ていると、形のいいデニム、素材のいいTシャツ、シルエットのきれいに見えるワンピースなど、シンプルなものを着回していることが多いです。


堂々とオーラを出して着よう

それから、堂々と着るのもおしゃれに見える秘訣です。有名人などを街で見かけると、普通の格好をしているのにオーラが出ていますよね。高価な服を着ていなくても、「私は見られている」「私はおしゃれ」という意識がそうさせるのでしょう。シンプルな服を着ているときほど、有名人の「見られている」という意識をまねしてみましょう。姿勢をちゃんとしたり、表情をひきしめたりすることでオーラが出ます。有名人になったつもりで振る舞うといいかもしれません。



山本英俊は人材育成にも積極的なことで知られ、優秀な調教師や騎手に自身の所有している馬を任せることで競馬界全体の発展に貢献しています。